クラマネQ&A クラブを立ち上げて後悔はないですか?

            

カテゴリー:クラマネQ&A

  毎年、早稲田大学や上智大学等で、「総合型地域スポーツクラブの実際」という講義をさせていただいております。

その中で、いろいろな質問をいただくので、ここで少しづつ紹介させていただきます。 


Q
クラブを立ち上げて後悔はないですか?

A

まったくないです。
総合型地域スポーツクラブといっても知らない人の方が多く、財源の確保、
人材の確保、など苦労は絶えません。日本にないものを作ろうという試みですから
毎日が試行錯誤で落ち着く暇などありません。

ですが、いくら苦労をしても、この仕事のやりがいには変えられません。

地域のいろんな方からありがとうと言ってもらえる。
地域のいろんな方とのつながりが出来る。
仲間とともに、毎日チャレンジできる。

これ以上のやりがいはありません。

お金に変えられない大切なモノを、この仕事を通じてたくさんもらっています。

なので、クラブを立ち上げなければ良かったとか、もうクラブを辞めたいと
思ったことが無いですし、今後もないと思います。



クラマネQ&AА。裡丕亘/由兵萋世離瓮螢奪箸蓮

            

カテゴリー:クラマネQ&A

  毎年、早稲田大学や上智大学等で、「総合型地域スポーツクラブの実際」という講義をさせていただいております。

その中で、いろいろな質問をいただくので、ここで少しづつ紹介させていただきます。 

Q
NPO法人格取得のメリットは?

A

周りからの見る目が変わることです。


法人格をとるためには手続きなど面倒な事も多いですし、クラブの情報をつねに
オープンにする義務が出てきます。
法人格をとればそれだけで健全な運営をしているということにはなりませんが、
少なくとも法人格がないより、あったほうが、参加者からみても、しっかり運営して
いるというイメージはあると思います。
また、法人として契約ができるため、助成金をもらうにも、スポンサーをお願いする
にも、信用性はUPしていると思います。

また、職員を雇うことを考えたら、法人格は必須だと思います。
(法人格の無いクラブに就職 しようと考える人はいません。)

地域スポーツクラブは、行政や学校と組んで事業を行うことも多い為、株式会社では
出来ないことが、NPO法人では出来ると言うことも多々あります。



クラマネQ&AΑ〔唄屮侫ットネスクラブとの違いは?

            

カテゴリー:クラマネQ&A

毎年、早稲田大学や上智大学等で、「総合型地域スポーツクラブの実際」という講義をさせていただいております。

その中で、いろいろな質問をいただくので、ここで少しづつ紹介させていただきます。 

Q
民間フィットネスクラブとの違いは

A

いろいろありますが、その中でも大きいのは
 ・地域活性化を考えているか?
 ・会員さんとの距離感
の2点だと思います。


■組織の目的
民間フィットネスクラブの多くは株式会社等の営利法人です。
総合型地域スポーツクラブの多くはNPO法人などの非営利法人です。


つまり、収益をあげて多くの黒字を出す事を目的とするのが前者で、収益を考えずに
社会に奉仕するのが後者。



ではありません。


非常に誤解を受けやすいところですが、NPO法人でも、しっかり収益をあげて黒字を
出さなくてはいけません。


この認識は非常に重要だと思います。
赤字の状態では、いつかつぶれてしまい、クラブの目的は達成できません。


黒字を出すために、計画をたて、魅力的なプログラムをつくり、経費を切り詰めるのは
営利法人も非営利法人も同じです。


違うのは、黒字が出たことによる法人の資金をどう使うかということです。


株式会社であれば、株主に配当を出すのが最大の務めです。
一方のNPOは、その資金を自分達の組織の目的達成の為に使います。


青少年育成、子育て支援、介護予防、地域振興などなど


総合型地域スポーツクラブの多くは、理念として、スポーツを通じた地域活性化を掲げ
ています。

つまり、会社が稼いだお金を、株主に配当するのか、地域活性化に使うのかが、民間
フィットネスクラブと総合型地域スポーツクラブの違いです。




■会員さんとの関わり
民間フィットネスクラブでは会員はお客様
総合型地域スポーツクラブでは会員は仲間

これは、総合型地域スポーツクラブは仲間うちでやるんだから質の高いプログラムは
必要ないとか、職員の意識が高くなくてもよいということでは当然ありません。

民間フィットネスクラブの良いところを見習い、常に質の高いプログラム作りに励み、
参加者が満足できる環境をつくる工夫と努力が必要です。


ただし、最終目的が地域の活性化であるならば、会員さんをお客様としておもてなし
するだけでなく、仲間に引き込み、協力してもらう必要があります。


地域住民の協力なくして、地域活性化など出来るはずがありません。



仲間になってもらうのは、おそらくお客さんになってもらうより難しいと思います。

どうしたら、より多くの住民に仲間になってもらえるかが、総合型地域スポーツクラブ
の最大の課題ではないでしょうか。





クラマネQ&Aァ.肇奪廛繊璽爐鮖つ意味は

            

カテゴリー:クラマネQ&A

  毎年、早稲田大学や上智大学等で、「総合型地域スポーツクラブの実際」という講義をさせていただいております。

その中で、いろいろな質問をいただくので、ここで少しづつ紹介させていただきます。 

Q
トップチームを持つ意味は

A

地域に、スポーツの好循環を生み出す事です。



ここでいう、トップチームとは、競技志向チームで試合に勝つことを目指すチーム

総合型クラブの理念の一つに、楽しみ思考の人も、競技志向の人も、もっとスポーツ
を楽しめるようにしようというものがあります。

ただ、現状としては、楽しみ思考の方に向けたプログラムのみを行っているクラブが多
いと思われます。特に、大人の競技志向チームを持つ総合型クラブは非常に少ないと思
います。

そんな中、はちきたSCには、アローレはちきたFCというJリーグ参入を目標にする
サッカートップチームがあります。

今はまだ、東京都2部リーグという、Jリーグからは程遠いリーグで戦っており、発展
途上で課題も多い状態ではあります。運営にはお金も労力もとてもかかります。
選手をはじめ、関わってくれている方の善意と努力で何とか運営できている状態です。

ただ、Jリーグから程遠くても、運営が大変でも、私は、このサッカートップチームに
大きな希望を感じています。



「今まで、サッカーに興味の無かったクラブ会員のおばさんが、トップチームの応援に
来てくれた。」

「トップチームの選手がサッカースクールで指導し、サッカースクールの子どもがトッ
プチームの応援に来てくれる。」

「企業から、スポンサー、サプライヤーといった支援を受けられるようになった。」

「今までクラブに関わりの無かった一般市民からも応援してもらえるようになった。」


まだまだ、小さな変化ではありますが、トップチームを持って、Jリーグを目指します
と宣言したことで、クラブを取り巻く環境は良い方向に変わりつつあります。


楽しみ志向のプログラムも、とても重要です。気軽にスポーツが楽しめる場所があるこ
とで、健康につながったり仲間づくりにつながったり。でも、楽しみ志向のプログラム
だけでは、運動したいと思っている人にしか輪が広がらない。


そこにトップチームが加わることで、トップチームを応援するという新しいクラブへの
関わり方ができます。そして、トップチームを持つことによる宣伝効果・信頼性UPに
よって、クラブに関わってくれる人の輪が格段に広がります。

関わる人が多くなれば、楽しみ志向のプログラムに参加する人も増え、さらに人の輪が
広がっていくという「好循環」が生まれます。


また、わかりやすい例をあげれば、

サッカースクールでトップチームの選手が指導する。


地元のトップ選手が指導してくれるという魅力で、サッカースクールに子どもが集ま
る。 


サッカー好きな子が増え、地域のサッカーのレベルが上がる。


地域で育った子ども達がトップチームには入り、チームを強くする


トップチームが強く魅力的になれば、さらにサッカースクールに人が集まる。



というような長期的な好循環も生まれます。


今までは、地域で育った優秀な選手が、中学や高校の時期になるとみんな市外に出て
行ってしまっていました。そのため、上記の様な好循環が生まれない。
地域にとっては大きな損失になっていました。

トップチームができることで、みんなで夢を共有して、応援できるというのも、魅力の
一つです。でも、それだけで終わらず、その先に長く続く「好循環」を作り出すことを
意識することが、クラブにとっては重要なのではないかと思います。



クラマネQ&Aぁ〇饉

            

カテゴリー:クラマネQ&A

   毎年、早稲田大学や上智大学等で、「総合型地域スポーツクラブの実際」という講義をさせていただいております。

その中で、いろいろな質問をいただくので、ここで少しづつ紹介させていただきます。 

Q
クラブマネージャーに必要な資質は

A

いろんな人を味方につける能力だと思います。

地域には本当にいろんな才能を持った人がいます。

マネージャーがなんでも自分でやろうとしても、一人で出来ることは

たかが知れています。


いかに、多くの方に味方になってもらうか?


こうすれば味方になってくれるという答えはないと思います。

誠実さ・謙虚さ・コミュニケーション能力…

こういった要素が重要かと思います。



私もまだまだ勉強しなきゃいけないですが、自分のなかで自信を

もっている能力が一つだけあります。



それは、ポジティブ思考力です。




自分でもよくわからないですが、大変な時ほど、つらい時ほど

【これを乗り越えれば成長できる】と燃えてきます。




今考えると、この思考があったからこそ、一人でクラブを立ち上げる

なんていう無謀な事が出来たんだと思います。


そして、今現在まで、多くの方に支えてもらえているのも、とにかく

新しいものにどんどんトライしようという、

このポジティブ思考のおかげなのかなと思っています。






クラマネQ&A やりがい

            

カテゴリー:クラマネQ&A

  毎年、早稲田大学や上智大学等で、「総合型地域スポーツクラブの実際」という講義をさせていただいております。

その中で、いろいろな質問をいただくので、ここで少しづつ紹介させていただきます。 


Q3
クラブで働くやりがいとは?

たくさんの子どもと関われることです。


子ども達の成長速度はとんでもなく早く、いつも驚かされます。

無限の可能性を感じて、こちらも嬉しくなります。


また、子ども達の純粋さには、たくさんの事を教えられます。


託児で会う乳児から幼児、小学生、中学生と色々な年代と触れ合えるのは総合型クラブ

ならではだと思います。


幼児サッカーに来てた子が、小学生になってすごい大人っぽくなってたり、

同じ地域にいて、その成長を近くで見れるのは、とても素敵なことです。

いつか、大人になった、この子達と一緒に飲みたいなあ。


これが私の一番のやりがいです。


クラマネQ&A◆.ラブマネージャーの役割

            

カテゴリー:クラマネQ&A

 
毎年、早稲田大学や上智大学等で、「総合型地域スポーツクラブの実際」という講義をさせていただいております。

その中で、いろいろな質問をいただくので、ここで少しづつ紹介させていただきます。 


Q2
クラブマネージャーの役割とは?

前回(http://hachikita-sc.jugem.jp/?eid=23)書いたように、さまざまな業務を平行して
行っています。

そのなかでクラブマネージャーの役割として最も大切なことはなにかと言われれば、
クラブに関わる人たちの潤滑油になるということだとお思います。

総合型地域スポーツクラブには、多くの会員さんがおり、それぞれの種目に指導者がいます。
さらに、役員、ボランティア、常勤職員、選手、関係団体、行政、提携店舗、そして地域に
住んでいる方々など、本当に多くの方が関わっています。

その中で、各種目指導者とその参加者は、毎回顔を合わせるので、関係が深くなります。
しかし、普通に生活していると、それ以外の方々とは、なかなか接点がありません。
その接点をつくるのがクラブマネージャーの役割だと思います。

たとえば、

会員×会員

違う種目に参加している会員同士は、交流機会がありません。クラブハウスがあればいい
のですが、まだ当クラブにはないので、BBQなどのイベントと通じて交流機会を作って
います。

また、託児などは、バレエに参加する若いママのために、健康体操に参加しているおば様
がボランティアで子どもの面倒を見ます。ママもスポーツ参加できる、おば様も、小さい子
と触れ合いを楽しめる。このような活動の積み重ねで、子育てしやすい町になればいいと
思います。

会員×提携店舗

当クラブの会員になると、地域のお店で割引が受けられます。
たとえば、会計5%OFFや生ビールサービスなどなど。

会員さんにとっては、クラブ会員になることで、お得なサービスが受けられる。
地域のお店にとっては、会員さんに来てもらえれば、集客アップが見込める。

クラブと地域のお店どちらにもメリットがあると思っています。
このような積み重ねで、地域が元気になればいいと思います。


小学生×大学生

ユニバーサルスポーツ教室では、小学生の参加者と一緒に、大学生のボランティアが
参加してくれています。

小学生にとっては、お兄さんお姉さんと遊べるめったにない機会ということでテンションが
すごく あがります。
大学生にとっても、子ども達と接することで学べることもたくさんあると思いますし、
なにより彼らの純粋さに元気をもらえるという声を多くもらいます。




いくつか例をあげましたが、このようにクラブの活動をつうじて関わる人たちをつないでいくと、
本当に地域にはいろんな人材・才能が眠っていることに気がつきます。

わたしは、自分の力だけでは何もできませんが、地域に眠っている人材・才能が活躍できる
場を作ることができれば、思わぬ相乗効果で、可能性は無限大になります。

では、どうすれば多くの方に関わってもらえるか。

.ラブの理念、方向性をはっきり示す。

⊃頼される運営体制をつくる(運営の透明化)。

情熱。

もっと多くの関わってもらい、地域が元気になるよう、どんどん人の間に入って潤滑油
になり たいと思います。


クラマネQ&A ゞ般各睛

            

カテゴリー:クラマネQ&A

毎年、早稲田大学や上智大学等で、「総合型地域スポーツクラブの実際」という講義をさせていただいております。

その中で、いろいろな質問をいただくので、ここで少しづつ紹介させていただきます。 


Q1
クラブマネージャーは、普段どんな仕事をしていますか?


私の場合は、基本、週40時間労働のうち

・指導(サッカー、フットサル、健康体操など指導とその準備) 15.0時間

・企画(プログラムの新設・改善とそのための調査など)     7.5時間

・広報(チラシ配り・WEB更新・広報誌作成など)         7.5時間

・打ち合わせ(社員MT、理事会、外部会議参加など)    3.0時間

・事務処理(会員管理、労務管理など)    4.0時間

・経理処理(会費管理、データ入力など)    3.0時間


というのがおおまかな流れです。

| 1/1ページ |

NPO法人はちきたSC

はちきたSCエンブレム

最近の記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

過去の記事

カテゴリー別にみる




プロフィール

リンク

サイト内検索

携帯で見るならコチラ

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM